落ちこぼれがエリートと言われて

私は、職場でいじめを受けた経験があります。私は大学を一年留年して卒業したのですが、就職した会社には、役員クラスに私と同じ大学の出身者がいました。そして、中堅クラスの人も数人いました。

その中で、たいへんにおしゃべりな人がいて、私が内定をもらってから入社するまでの間に、嘘ばっかりをついて回っていました。非常に優秀な学生で、学術的知識が非常に豊富である。英語がペラペラしゃべれる、即戦力として使える、などなど。

私は、英語がダメで留年したので、英語が話せるはずがありません。卒業するのも危なくて、専門の科目の点数が悪く、追試を何度も受けてやっと卒業させてもらったのでした。なので、出来の悪い学生を会社が拾ってくれたという認識で入社しました。

そうしてみると、私が思っているものと全く異なる人間像が、社内外ですでに広まっていました。そして、エリートだのすぐに偉くなるだの勉強ばっかりしてきたおぼっちゃんなどと諸先輩の人達に散々嫌味を言われ続けました。中には、挨拶をしても返事もしてくれない人もいました。話しかけても無視して、反応がないのです。

まだ何もしていないのに、入社前の勝手に作られたイメージを信じていて、勝手に嫌っているのでした。役員連中は、ものすごく優秀な人材が入社してきたので、国際学会で発表させようとか、ある有名大学の大学院に国内留学させようとか、論文を書かせて博士号をとらせようとか、私にとっては、まったく雲の上のような話を本気でしてきます。

そして、同じ部署の同僚の人達は、そんな特別扱いを受ける私に対して、冷たく接してきました。時には、全然出来ないと何度言っても信じてくれず、難しい英語の本を和訳するようにごり押しされたこともありました。

もちろん全く日本語にできずに期待をうらぎることになったのですが、出来るのにやらなかった、わがままやつだということになってしまいました。理由もなく村八分にあうこともありました。職場で挨拶しても、質問しようとしても、誰も相手にしてくれません。

エリートは勝手に偉くなって、高い給料をもらえばいいんだというようなことを言われました。お前は敵だとも言われたこともありました。そうして、いじめを受け続け、私はうつ病にかかってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です